Pullman Tokyo Tamachi - 高級ホテル - アート一覧ページ

アート一覧ページ


フロント / 隈取

歌舞伎の「隈取」の色使いを墨を使って表現すると共に躍動感あふれる筆づかいにより、舞台上での役者の斬新な動きや派手な装いを表現している。


写楽

400年の歴史の中で伝統を守りながらも、常に新しいものを取り入れてきた歌舞伎の世界を伝統と革新を融合させたデザインにより表現している。


空間デザイン

時の流れや人の流れによって様々なシーンを作り出す「JUNCTION」を役者たちが華麗に舞う歌舞伎の舞台のような空間に仕上げている。


Junction / 陶製彫刻

伝統的な書道の筆書きと歌舞伎の毛振りをハンドメイドの陶製彫刻で表現した作品。


インテリアデザイン

歌舞伎の人気演目「助六」をコンセプトにし、華やかで賑やかな物語が織りなす空間を演出。物語の舞台となる吉原の門を入ると広がる繁華街の賑やかさをイメージしたショーキッチン、照明や家具は物語に登場する絶世の美女「揚巻」の衣装をモチーフにした華やかなディテールを取り込んでいる。


KASA / 背面壁

陶器のプレートを並べ、そこに日本の伝統である書道の一筆書きをしたデザインに仕上げています。


坪庭

歌舞伎の「廻り舞台」かのごとく印象的な変化が起こる昼と夜のシーン。ナチュラルな素材を使用しながらも最新の技術やデザインを取り入れたインテリア、日本家屋にある雪見障子のような特徴的な窓から眺める坪庭。「エグゼクティブラウンジ」、そこには日本と西洋が融合した唯一無二の空間が広がります。


ラウンジ / 陶製彫刻

歌舞伎の舞台装飾に使用されるものをモチーフに作られた陶製彫刻。


ラウンジ / 巻物

日本の巻物と書道を表現した作品。


Platform9 / 壁画

山手線の曇った窓ガラス。「Come True」と指でなぞった。東京タワー、高層ビル、その文字から覗く煌びやかな景色。スポットライトを浴びステージに立つことを夢見る自分と夜景がシンクロする。未来への期待と不安を胸に抱えて生きていく。


WASHI KABUKI MASK

歌舞伎役者の化粧した面を日本古来の紙である「和紙」のみを使い表現した作品。


カーペット

かつては海が広がっていた田町、そして今は沢山の運河に囲まれたウォーターフロント、田町。そんな「水の街」を鮮やかなブルーカーペットと水面(みなも)柄で表現している。


スイート / 陶製彫刻

歌舞伎の「見得を切る」ポーズを陶製彫刻で表現した作品。

アクセスaddress

アート一覧ページ
3-1-21 Shibaura, Minato-ku, 108-8566 Tokyo
Japan
電話: +81 (0)3 6400 5855
Fax: +81 (0)3 6400 5856
Eメール: HB137@accor.com

google_map
  • %e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e4%b8%80%e8%a6%a7%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8
部屋を予約する
部屋を予約する
close